カテゴリー
AAV BIOLOGICS education gene-therapy

[Kw] 現在の遺伝子治療の技術は目標半ば – その先の遺伝子治療技術 – ID1108

遺伝子治療 遺伝子導入による治療 正常遺伝子をある細胞に補充 RNA編集による治療 ゲノムから翻訳されたRNA段階での異常遺伝子を正常遺伝子に、そのRNAの寿命の期間一時的に正常にする治療法 ゲノム編集による治療 異常遺 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Bio-Edu] rAAV vectorの製造・品質に関するリフレクションペーパー – ID1065

リフレクションペーパー リフレクションペーパーとは、その後成熟してガイドラインとなる。 日本のpmdaは、遺伝子治療用製品についてのリフレクションペーパー(総19ページ)を発行した。 Reference : h […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Edu] AAVウイルス感染のメカニズム – ID1039

AAVおよびAAVベクターの特徴 AAV(アデノ随伴ウィルス)はパルボウイルス科(Parvoviridae)のデペナドウイルス属(Dependovirus) 直径20nm直径 32個のカプソメアからなる正20面体の粒子構 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[Bio-Edu] AAV2の感染に関わるレセプターは何か? – ID18442

レセプターを考えるとき 生体内の物資が、特定の組織に収束するのは、受容体(receptor)を介している。例えば、生体内でホルモンが分泌された時、血流に乗って全身に運ばれる。次に、必要な組織に到達するするのは、そのホルモ […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS purification

[Data Link] rAAV vectorの沈殿法を使った精製方法に関する文献 – ID745

文献情報のみ A simplified purification method for AAV variant by polyethylene glycol aqueous two-phase partitioning […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS key-word

[用語] AAV; Adeno Associated Virus – ID18717

AAV Adeno Associated Virus; アデノ随伴ウイルス、アデノウイルス(Adenovirus)とともに発見されることが多かったことからこのように命令された。 編集履歴 2020/07/11 Mr.HA […]