カテゴリー
AAV BIOLOGICS catalent CMO company COMPANY-FAVOR

気になる企業 – Catalent Biologicsの特徴は、retrovectorを使うGMEx技術による高生産性 – ID12544 [2020/08/05]

Catalent Biologics 2019年の売り上げは、約2,520億円 source 2022年からBloomington Siteの拡張オープン バイオロジクスにおいて、生産株の構築技術に関してretrovec […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS company COMPANY-FAVOR sirion

気になる企業 – SIRION BIOTECH – ID12564 [2020/07/06]

SIRION BIOTECH GmbH Office Planegg, Germany (HQ), 2005年設立,1-12月(financial year) Cambridge, MA, US Clichy, Fran […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS company COMPANY-FAVOR oxgene

気になる企業 – Oxgene (Oxford Genetics LTD) – LentivirusのPCL/rAAV高生産できるHEK293細胞株 – ID12556 [2020/09/16]

Oxgene Headquarter : San Francisco (HQ), Ca United States source linke Oxgeneは、Lentivirusに注力するOxford Genetics社 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS brammer company COMPANY-FAVOR patheon thermo

気になる企業 – Thermo Fisher – GIAGEN社の買収断念(TOB失敗) – ID11357 [2020/08/13]

ThermoFisher Scientific 会社概要 買収にひた走りバイオロジクスの関連分野(試薬からCDMO、SCM)のワンストップ化を目指している 2019年の売り上げは、約2.6兆円 75,000人/globa […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS brammer CMO company COMPANY-FAVOR

気になる企業 – Brammer Bio社 – 開発段階 から初期商用製造まで対応可能な豊富な経験を持つ遺伝子治療 CDMO – ID11884

ThermoFisherグループ ThermoFisherは、rAAVによる遺伝子治療に関するCDMOサービスを提供するために、Brammer Bioを買収しました。 2019/3にThermoFisherによるBram […]

カテゴリー
AAV AVIGEN BIOLOGICS company COMPANY-FAVOR

気になる企業 – AVIGEN – Genezymeに買収 – ID11266 [2020/03/03]※

現在は、Avigen社は存在しない。 遺伝子治療薬の開発ベンチーであった「Avigen」社は、Genezymeに買収されており、現在は、存在していない。 Genzymeは、Sanofiと合併している Sanofi Gen […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS genome-editing reference

[ゲノム編集] デュアルAAVデリバリーシステムによるマウスのデュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療研究 (CRISPR-Cas9を補助する) – ID9877 [2020/08/22]※

概要 デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)は、ジストロフィン遺伝子(DMD)に変異を持つ。これまでは、CRISPR-Cas9を介した「シングルカット」ゲノム編集を適用して、DMDの動物モデルの多様な遺伝子変異を修正し […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS education

[rAAV-Material] AAVpro® Helper Free System – ID9843

ヘルパーウイルスを使用せずに、安全に血清型1、2、5、6のアデノ随伴ウイルスベクター(AAV1、AAV2、AAV5、AAV6ベクター)を作製 独自のAAVベクター抽出法で効率的かつ簡便な操作 AAVベクターの大量作製に便 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS reference stability

[Bio-rAAV] AAVカプシド蛋白質VP1のpH依存的な構造変化 – エンドソーム脱出につながっているのか – ID8476 [2020/02/02]

VP1の機能 pH酸性(4-6)によりカプシド蛋白質VP1の領域のうち、内部にある部分が表出する、とのこと。 要約 (Goolge翻訳より) 感染に不可欠なカプシドの領域を特定するために、構造解析(X線結晶構造解析と低温 […]

カテゴリー
AAV BIOLOGICS stability

[Bio-AAV] AAVカプシド蛋白質のpH依存的な分解性について-論文紹介 – ID8474

Evidence for pH-Dependent Protease Activity in the Adeno-Associated Virus Capsid (2012) https://www.ncbi.nlm.n […]